わんことの旅行を
もっと楽しく、
もっと快適に。
メニュー
  • いいね!してね

愛犬と海の公園をお散歩しよう! 広野海岸公園&ふじのくに田子の浦みなと公園<静岡県>

シェアする

今回のコラムは、海が大好きなわんちゃんと飼い主さんにおすすめしたい「海の公園」がテーマです!

海に恵まれた静岡県から、西の「広野海岸公園」、東の「ふじのくに田子の浦みなと公園」をご紹介します!

真っ二つに割れた船が迫力満点!「広野海岸公園」

広野海岸公園は、シンボルの海賊船やヤシの木が魅力的な公園です。

静岡市を流れる安倍川の河口付近の海岸にあるため、海の景色は抜群!

JR静岡駅から車で約20分程度と市街地からも気軽に行きやすいのもポイントです!

▲広野海岸公園の全体図

出典元:http://www.city.shizuoka.jp/000_004417.html

第1駐車場には107台分、第2駐車場には113台分という広いスペースが用意されています。

今回は、第2駐車場に車を止めて、反時計周りに公園をぐるりと一周してきた時の様子をレポートします!

愛犬カーミーと私が公園に到着したのは、涼しい夕方頃。

もう陽が落ち始めていました。

奥に見える白い建物は、一番西側にある管理棟です。

そして、こちらが第2駐車場です。

海風になびいている高いヤシの木が遠くからでも目立ちます。

image2

愛犬カーミーと久しぶりに来ました。

昔、カーミーともう一頭の愛犬がかけっこをして遊んだ楽しい思い出のある場所なのです。 

海沿いにまっすぐに続く土手の遊歩道は、見晴らしが最高!

広大な海を眺めながら、海岸ならではの少し強い風を感じながらの散歩は、やっぱり気持ちがいいです。

土手や芝地など、広範囲に渡ってシロツメクサ(クローバー)の花が楽しめます。

土手の下には、海沿いの遊歩道があります。

所々に階段があるので、さらに海の方へ降りて行くこともできるようですね。

第2駐車場の終わりまで来ると、東屋の置かれたちょっとした広場があります。

さらに歩を進めると、遠くに小さな丘になった見晴らし山が見えてきました。

その名の通り、この公園の展望スポットです。

こちらは、見晴らし山のふもとにある草地。

草地には、たくさんのシロツメクサが生えています。

カーミーもなんだか嬉しそう (^^)  

そして、こんなふうにヤシの木が高くそびえている風景は、いかにも海の公園っぽいですね。

遊歩道の脇には、座って景色を楽しめる、大型のベンチがいくつも用意されています。

日よけ用の東屋もあるので、ファミリーやわんこ友達とお弁当持参で来るのもよさそうです。

こちらが、広野海岸公園のシンボル的な存在である帆船型アスレチック遊具!

2つに割れた巨大な海賊船はインパクトあります。

階段やネットを上ったり、橋やトンネルを移動したりして遊べます。下も砂地なのではしゃいでも大丈夫ですね。

船の先にもさらに遊具広場が続きます。

ドーム型をしたのは魚礁遊具と呼ばれ、トンネルとネットと滑り台を組み合わせた遊び道具です。

そのほか、東屋とトンネル滑り台を組み合わせたような遊具もあります。

この辺から遊歩道が上下に別れて行きますので、景色の良い海沿いを歩いて行きましょう!

夕陽に照らされた道をカーミーとお散歩する、幸せな時間・・・(*^^*)

見て下さい!この見事なシロツメクサ。

ここなら四葉のクローバーも見つかりそう。

左に見えるひろ~い芝地は多目的広場です。

中央にはステージがあって、奥には連なった東屋もあります。

しばらく歩くと、ベンチが置かれた休憩スポットがありました。

見晴らしが良くて快適な散歩コースです!

▲多目的広場の終わりには公衆トイレ

image2

▲第1駐車場

遊歩道の一番先には、何があるのだろう?と思って行ってみると・・・

image2

休憩&展望スポットになっていました!

景色を楽しみつつ、そろそろUターンします。

さあ、帰りはこのひろ~い多目的広場を通って帰ろう!

image2

ぴょんぴょんと早足になるカーミー。

先ほど遠くから見た東屋があります。

昔、この芝生広場でたくさん遊んだね~。

カーミーと一緒にいた大好きな愛犬を思い出して嬉しくなります (*^_^*)

さて、向こう側に先ほど見た海賊船のある遊具広場が見えてきました!

こちらは、船の裏側から撮った写真です。

船の右側には、ジャブジャブ池と呼ばれる水遊び場もあります。

夏場は子どもたちで賑わいそうですね~!

ジャブジャブ池の裏側の丘には、可愛らしいキノコ型の東屋もあります。

遊具広場に一番近いお手洗いです。

大きな岩の形をしていてユニーク。自然に溶け込んでいますね??

そして最後は、見晴らし山に登ります!

ぜひ、頂上からの展望を見てから帰りたいと思います (^^♪

頂上は、このように円形の展望広場になっています。

真ん中にある、穴の開いたオブジェは、何でしょうか・・・?

▲頂上から見た西側の景色

第2駐車場や管理棟、その先まで見渡せますね。

海側の風景は、夕陽でうっすらピンク色に染まった空が綺麗です!

展望広場の囲いには、伊豆半島や御前崎など、四方面を示すタイルがはめられています。

そしてこちらが、東側の風景。

シンボルの海賊船とヤシの木がマッチした、この公園の一番良い風景かもしれません!

天気が良ければ、オブジェの後ろ側に富士山が小さく見えることもあるんですよ!

愛犬カーミーと一緒に自然の景色を楽しみながらのびのびお散歩ができました。

【広野海岸公園】
所在地:静岡県静岡市駿河区広野海岸通1丁目
TEL:054-354-2184

広野海岸公園の公式ページを見る

北に富士山、南に駿河湾を望める!「ふじのくに田子の浦みなと公園」

田子の浦港にあるふじのくに田子の浦みなと公園は、目の前は海、後ろは富士山というロケーション抜群の公園です!

近隣には、富士川の河川敷に作られた広大な公園、富士川緑地もあるので、一日中愛犬とアウトドアを楽しみたい方におすすめの場所です。

▲公園案内図

駐車場に車を止めたら、公園のシンボルタワーがある展望広場へ行きます。

その次に、夕日のステージ⇒展望の丘⇒芝生広場⇒万葉歌碑とディアナ号⇒冒険広場⇒多目的広場といった感じで時計回りに周ることにしました。

こちらは、メインエントランス。

この青空!まるで南国のようですね!

屋根付きの細長い東屋や公衆トイレがある広場です。

そして、これが富士山ドラゴンタワー!

これからタワーに上って行きますが、その前に、この辺から見える公園のパノラマビューをお見せしましょう。

image2

見晴らしが良く、広々として、気持ちの良い公園です。

海の向こうには、伊豆半島も見えるんですよ。

この日はすごい風です!

展望タワーの上は、きっともっと強い風が吹いているはず!

ドラゴンタワーの高さは、37.76メートルあります。

ドラゴンタワーへの上り口にある看板を読んでみると、どうやらここは、「富士山登山ルート3776」の出発点のようです。

海抜0メートルから富士山の頂上まで至る、約42キロメートルの登山ルート。

道の途中では、さまざまな観光スポットを通過するようですよ。

ドラゴンタワーに上ると、風がものすごくて、風のビュービューという音しか聞こえない。

しかし、景色の良さは見事ですね~ ♪

万葉歌碑やディアナ号のある公園の西側がばっちり見渡せます!

そして、こちらが公園の東側の風景。

陸地の一番端っこには、白い灯台が立っています。

灯台の後ろの、三角形の広場が展望の丘で、その後ろが夕日のステージ。

一番手前に見える階段は、ドラゴンタワーに続いています。

港側の風景は、こんな感じです。

富士山は雲にかかって見えませんでした・・・。

ちなみに、今お見せした風景の写真は、タワーの上から2段目から撮影したものです。

すごい風だったけど、カーミーはわりと落ち着いてました。

こちらが夕日のステージ。

シンプルな風景の中にたたずむシンプルなステージは、絵本の中の情景を思い出させます・・・。

ここは展望の丘。

その先には灯台が見えますね。

展望の丘には、こんな可愛らしい鐘が置かれています。

引き綱が風に揺られて、なんだか爽やかな夏って感じですね。
                

そしてこちらは、海沿いの素敵な遊歩道!

砂浜にも降りられるんです ♪

まっすぐ続く、気持ち良さそうなこの道を歩いてみたかったのですが、風が強すぎたのか、カーミーは芝生広場の方へ行きたがりました。

じゃあ、芝生の方に行ってみよう!

展望広場の周りにも、ぐるりと遊歩道が設けられています。

ちょっと見にくいですが、上の写真の小さな花壇と花壇の間には、水道が設けられています。

カーミーはここで、体を冷やしました。

遊歩道を歩いていると、じゃじゃ~ん。

ここでのポイントは、やっぱり富士山です!!

タワーとのコンビネーションが撮れる撮影スポットとしても利用されているようで、本格的なカメラで撮影している人もいました。

ひろ~い芝地でソフトボールをする親子の姿なども、穏やかで、絵になりますね。

次の見どころは、万葉歌碑とディアナ号。

この辺りには、屋根付きのしっかりした東屋がたくさん設けられています。

長時間公園で遊ぶときなどは、特にありがたいですね。

富士山を背景に、青空高くそびえる万葉歌碑。

日本的な風情があって、素敵です!

ここには、万葉集にも歌を残している奈良時代の歌人、山部赤人が詠んだ歌が刻まれているそうです。

そして、こちらが子ども用の遊具にもなっているディアナ号です。

※船の周りは砂場になっていますが、このエリアには、わんちゃんは入れません。

船の近くには、ディアナ号を説明する石碑がありました。

ロシアの船員が載っていたディアナ号が津波で被害を受けた際、日本の村民によって全員の命が救われたそうです。

その後も2カ国が協力して新しい船を造り、ディアナ号の船員たちは、無事ロシアに帰国したというお話。

こういう心温まる話はいいですね。

いったんメインエントランスに戻りました。

ここの東屋は、日陰の範囲が広く、トイレの横に自動販売機も設けられていますし、休憩や待ち合わせの場所として使うのに便利ですね。

ディアナ号が置かれている横長の冒険広場ですが、駐車場の前側は、このようなアスレチック広場になっています。

綱渡り、ターザン、滑り台、動物型の椅子など、様々な遊具が揃っています。

冒険広場の横には、2つめの公衆トイレがあります。

そして、トイレの横が子育て支援広場です。

オブジェのような台の上では、寝ながら気持ち良さそうに日光浴をしている人もいました。

子育て支援広場の海側は、こんな感じです。

遊歩道と遊歩道に挟まれたところに広場があるので、行きと帰りに違った散歩コースを歩けるところが魅力です!

さて、最後にご紹介したいのが、この黄色いお花。

花の名称はわかりませんが、公園を歩いていて何度も目にした花です。

海沿いの強風を受ける芝地でも、風になびいて気持ち良さそうに咲いていたので、控えめながら印象に残る見どころでした!

▲風を受けてます

カーミーもよく頑張って歩いたね!

ふじのくに田子の浦みなと公園は、青空と広い海と広い芝地が素晴らしい公園です!

【ふじのくに田子の浦みなと公園】
所在地:静岡県富士市前田 地先
TEL:0545-33-0496

ふじのくに田子の浦みなと公園の公式ページを見る

いかがでしたか?

富士山近辺に旅行に来た際は、ぜひわんこと一緒に遊びに行くことをおすすめします!