わんことの旅行を
もっと楽しく、
もっと快適に。
メニュー
  • いいね!してね

愛犬と一緒に日帰り旅行!三島スカイウォーク~山中城跡公園~箱根の森足湯

シェアする

日本一長い吊り橋 三島スカイウォークは相方も行きたがっていた場所。私が両親を連れて行ってきたと話したら、相方がひがんでしまい結局すぐまた行くことになりました。今回は日帰りです。

週末またまた訪れた三島スカイウォーク

愛犬はまだ何日も経っていないのに同じ場所へ来た物だからちゃんと覚えていて、車から降りるなり自分が案内役でもしているかのようにトコトコと切符売り場へ向かったのには笑っちゃいました。

高いところだってカートに乗れば怖くないよと言わんばかりに、2回目となるカートも慣れた物です。


image2
image2

今回も吊り橋の向こう側に有る展望台を散策して、広場に設立された屋台で焼きそばを買って頂きました。

この焼きそばは佐野製麺の海賊焼きって言う焼きそばで、真っ黒なのはイカスミが入っているから。経済産業大臣賞を受賞した焼きそばだそうです。美味しかったけどちょっとしょっぱかった。


image2
image2

スカイウォークの公式ページを見る

緑豊かな史跡公園 山中城跡公園の散策

山中城跡公園は三島スカイウォークと同じ三島市にあります。前回も立ち寄るはずだったのですが、初日雨が降ってしまったことと、この公園は広くて山の中にあるため両親が歩くのはちょっと難しいかなと思い寄らなかった場所です。相方となら一緒に歩けるので今回立ち寄ってみました。


image2

駐車場はあまり広くありませんが、季節外れだったので駐車場も空いていてラッキーです。

駐車場から直ぐに山道に入り一番上に本丸の跡地があります。お堀の形に特徴が有り水は入っていません。本丸、二の丸、三の丸の廻りに掘られた跡があり、写真で見るよりもかなり深い溝が掘られています。


image2
image2
image2

広い敷地を愛犬と一緒に歩き、少しだけ歴史に触れられる散歩コースはとても素敵ですよ。
春から夏にかけては涼しく、桜が綺麗な所として人気があるようでかなりの観光客が訪れるそうですが、私たちが行った秋は観光客も殆どいなくて、愛犬と散策するにはとても良いところだと思います。


image2
image2
image2

道を挟んだ逆側にも広がっていて、こちらは馬を待機させていた場所が有ったそうで現在建造物はなく、だだっ広い公園になっています。

芝生が敷き詰められているのでわんちゃんの足にも優しく、走ったり探検ムードでお散歩を楽しめます。


image2
image2
image2
image2

山中城跡公園の公式ページを見る

源泉100%かけ流し!箱根の森の足湯は犬湯もあるよ♪

山中城跡で起伏のある山道をたくさん歩いて走ったりしたから、帰る前に愛犬の大好きな温泉に入ってから帰ります。

箱根二の平にある二の平温泉には人間用の足湯の他に、わんちゃん用の足湯もあるんですよ。

わんちゃん用の足湯は1つしかなく先客がいたので少し待ってから愛犬の番です。

愛犬の体高くらいだと胸の辺りまで温泉に浸かることができてすっかり温泉気分を味わえます。こちらの温泉は皮膚疾患などに効能を発揮するそうで、かゆかゆの仔などにも良いそうです。愛犬も時々ポリポリしていたので温泉の効能が発揮してくれると良いね!

わんちゃん用の料金は200円で、バスタオル1枚とドライヤーも貸して頂けます。※現在はワンちゃんのバスタオルは持参

温泉に浸かってあまりに気持ちよさそうにしている愛犬を見て、オーナーさんがびっくりしていました。

「こうゆうわんちゃんが来たときに撮影して欲しかったな。」と言っていたので、何かの撮影でも来られたのかも知れませんね。


image2
image2

温泉を堪能している愛犬に手ぬぐいを頭の上に乗せ、それにも動じないでじっとしている愛犬に再びびっくりしていました。温泉に慣れているのか?とか色々聞かれまして、良く温泉には連れて行くと言ったら納得していました。

愛犬は温泉に目が無くて(飼い主に似た?)自分から出るとは言いません。余程暑くならないと立ち上がらないですよ。うっとり顔で気持ちよさそうに満喫しています。


image2
image2

うちでもバスタオルは1枚用意していたので、タオルを2枚使うことができたのでかなりタオルドライで乾き、ドライヤーをお借りしてすっかり乾かすことが出来て良かった♪夕方になってくると冷えてきますからね。

山中城跡で足も汚れたけど特に洗ったわけではないのに綺麗になって、毛並みもサラサラ!

今日は大好きな温泉にも入れたし、愛犬は大満足でした!

イヌトミィで情報・口コミを見る
箱根の森の公式ページを見る

三島スカイウォークを1週間の間に2度訪ねたという笑えるような事もありましたが、私にとっては愛犬が楽しければそれで良いのです。色々な所を愛犬と訪ねてたくさんの思い出が刻まれれば、私にとっても愛犬にとってもそれが心のアルバムに残されるわけですから。これからも愛犬との旅のページを増やして行きたいなと思います。