わんことの旅行を
もっと楽しく、
もっと快適に。
メニュー
  • いいね!してね

旅先でも可能! 誰にでも簡単に作れる低コスト愛犬用DIYおもちゃ5選!

シェアする

梅雨の時期から秋にかけては、「台風で外に出られない」「真夏は外に出る気になれない」「旅先で雨」など、飼い主さんの悩みがありますよね。

お出かけができなくて愛犬が退屈そうにしていると感じたら、簡単に作れるおもちゃで遊んでみてはいかがでしょうか。

その場にある物や低コストで揃う材料を使って作れるおもちゃのレシピをご紹介いたします!

穴開きボールの知育おもちゃ

image2

今は100均の玩具やリードなどもありますが、ちょっと工夫するだけで知育おもちゃに変身します。

穴開きボールと布を使用します。元々こうした穴のあるボールの玩具があれば購入する必要はありません。


image3

今回は手芸コーナーでフェルトを購入しましたが、使わなくなったタオルやTシャツでもOKですよ。


image4

それを長さ20cm、幅2~3cmに切り、トリーツを巻いてボールの隙間から入れるだけです。

トリーツはボーロやクッキーでは無く、ドライフードやジャーキーの様な匂いがする物を使うのがポイントです。

我が家の愛犬は手や口を使ってボールの穴からフェルトを上手に取り出しながらトリーツを探します。


image6
image5

愛犬がどの様に取り出すか見ているのも楽しいですよ。

ペットボトルの知育おもちゃ

image7

ペットボトルがあれば、知育おもちゃに変身します。

キャップを外し、中にトリーツを入れてもいいですし、穴を開けたい場所をつまみながらハサミで簡単に切る事も出来ます。

このおもちゃの場合は硬めで大き目なペットボトルを使うのがポイントです。小さすぎると直ぐにトリーツが出てきてしまいます。

靴下のおもちゃ

image8
image9

いらなくなった靴下などに飽きたボールや小さめな柔らかいペットボトルを入れ、キャンディー型に両側を縛れば玩具に大変身。

クシャクシャと音が鳴るくらいの柔らかいペットボトルを使うのがポイントです。

あまり興味を示さない場合は、ペットボトルに穴を開けてトリーツを投入か、キャップをしないままトリーツを入れておけば玩具に執着してくれるでしょう。

ロープのおもちゃ

image12

市販のタグ系のおもちゃ(ロープ)は壊れやすいのに、お値段も高いものが多いですよね。

いらなくなったフリースやシャツ、ズボンなどでも簡単に作る事が出来ますが、無い場合は100均の手芸コーナーにあるフェルトでも低コストで作る事が出来ます。


image13

まず初めての場合は2色使用するのがおすすめです。各色2本、好きな幅で切ります。フェルトの場合は太めがおすすめです。

三つ編みでも良いのですが、きつめのロープにする編み方をご紹介します。


image14
image15

東西南北にそれぞれ向けます。上の写真の場合は紫を南北、ピンクを東西にしたら交互に編んでいくだけです。慣れていくと簡単に編んでいけますよ。

コップ遊び

image10

どこにでもあるコップを使い、2~3個のコップの中に大好きなボールやトリーツを入れ、どのコップに入っているか当てるゲームです。

最初はコップを2つだけ使い、トリーツを入れる所を見せながら様子見します。反応が無い場合は、飼い主さんでコップをひっくり返しながら見せます。

繰り返していくうちに学習していくので、徐々に難易度を上げていくと愛犬も楽しんで遊ぶようになりますよ。


image11

簡単DIYおもちゃレシピ、いかがでしたでしょうか?

初めて犬を迎え入れた時はいろんなおもちゃを買っていましたが、今ではリサイクルや低コストでDIYしながら楽しんでいます。

これを機にみなさんもDIYしてみてはいかがでしょうか。ぜひ、参考にしてくださいね。

旅先でも可能! 誰にでも簡単に作れる低コスト愛犬用DIYおもちゃ5選!
愛犬との旅行・生活に役立つ情報をお届けします。
イヌトミィの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする