わんことの旅行を
もっと楽しく、
もっと快適に。
メニュー
  • いいね!してね

秋こそ愛犬とビーチへ!海岸に持って行きたいギアやケアグッズ集

シェアする

ビーチといえば夏ですが、温暖地で愛犬と一緒に遊ぶとなると9月中旬頃から12月にかけてがベスト。海開き中は混んでいる上、曇っていても夏の砂浜はとても熱いので肉球を痛める可能性があるので危険を伴います。

愛犬をビーチで遊ばせる事によって、足腰が鍛えられ、免疫力もアップするとも言われています。そんないいこと尽くしに思える海岸遊びで避けられないのが海水と砂での汚れですね。それでは、我が家の愛犬達用のギアやケア用品をご紹介いたします!

海岸に行く前のケアに!レインザーガード

image2

散歩で雨の日に愛犬のコートに吹きかけると撥水され水が流れるという優れもの。更に汚れ防止をしてくれる目から鱗的なケア商品です。

30分ほどしか効果が無いとしてありますが、水遊びした後は乾くのが少々早くなります。泳いでしまうとあまり効果は無いですが特に毛の長いワンちゃんだと汚れが付きにくくなります。車の窓ガラスの様に面白いほど水を弾きますよ♪

汚れ防止にはドッグウェア!

image2

普通のお洋服でも十分汚れ防止になりますが、着たまま泳がせると溺れてしまうのでご注意下さい。

泳がせられるタイプのドッグウェアは通販や大手ペットショップで販売されています。中には撥水加工されたウエットスーツの様なドッグウェアもあり、雪遊びと兼用で利用出来るのもあります。冷たい水を多めに飲んでしまうと体温調節が出来なくなり震えてくるので海岸以外での水遊びではドッグウェアをおすすめです。

泳ぐワンちゃんにはライフジャケットを!

image2

ライフジャケットを着る事により安全性はもちろん、体力消耗を軽減させられるので長く泳ぐ事が出来ます。国内通販サイトはもちろんペットショップなどでも販売されていますが、人気があるライフジャケットは殆ど輸入品です。

色んなタイプが販売されている中で選ぶのが大変だと思いますが、それぞれのメーカーによって表記サイズが一緒でも実際に着せると違うので、愛犬の体に合い動きやすいブランドを選ぶとよいです。

海水や砂を落とすにはこれだ!

image2

場所によってはシャワーがありますが、殆どは海開きが終わるとトイレ以外の水道が使えなくなります。そうなるとお水を持参しなければなりません。

我が家は自宅から水を入れたタンクと釣り用品の折り畳みタライを持参し、愛犬を入れ携帯シャワーを使って洗い流しています。タンクの水が無くなったらタライの中にポンプを入れて水をリサイクルするようにして洗い流します。


image5

▲釣り用品の折り畳みタライ

image4

▲ロゴスの携帯シャワー


これは海岸以外でも、夏場のクールダウンやキャンプ場でも使えるので重宝しています。

電池でも車のシガー電源からでも接続可能ですが、キャンプ用品として他社から手動のポンプ式など色々とあります。


image2

いかがでしたでしょうか?

ビーチ遊びをする時はなるべく干潮の時を狙って海岸へ行きましょう。あまり気の乗らないワンちゃんでも一緒走ってあげ、海は楽しい場所と教えてあげれば徐々に楽しんでくれるはずですよ。是非参考にしてくださいね。